International Mentorship Graduate School

学長・理事長挨拶

  • HOME »
  • 学長・理事長挨拶

学長からのメッセージ  吉川宗男

imgs_yoshikawa

私たちは、「女性活性化」の動きをキャッチし、あたらしいプログラムづくりに着手しました。

「女性がメンタリングリーダーとして輝くために」をメインテーマに掲げ、国際メンターシップグラジュエート学部をスタートさせました。

アプローチは日本政府が以前とった「人間力戦略ビジョン」を参考にしました。政府の構想はビジョンとしては良かったのですが、実践されるところまではいきませんでした。私たちは、この人間力を具体化させ、5つの全人的人間力モデルをつくりだしました。この5つの人間力とは、知力、感力、行力、活力と場力を意味し、この5つの人間力の中心となるのが活力で、人や組織を活性化させる生命力です。

私たちは、この5つの人間力をもとに女性がメンタリングリーダーとして職場で何をすべきかを徹底的に研究し、創りあげたプログラムです。このメンタリングリーダーとは、求める目標を達成し、成果を上げるだけでなく、メンバーを育成し、成長を支援していけるリーダです。

IMGS独特のメンタリングリーダーシップ養成教育プログラムを創りました。

私たちの教育プログラムは単に女性だけでなく、男性と共に活き活きと輝ける、そんな人作り、組織作り、コミュニティ作り、社会作りにチャレンジしていきたいと思っています。安倍政権は成長戦略の一環として「女性が輝く日本」を掲げていますが、私たちは「女性も、男性も、若者も、高齢者も、皆輝く日本」にするのだという強い意気込みをもって、プログラムに取り組んでいます。

私たちのプログラムは女性の力と男性のもつ力を統合させることによってさらに強力な人間力、企業力を生み出せるよう仕組まれた画期的なプログラムです。きっと皆さんにはご満足頂けるプログラムであると信じています。多くの皆さんとこの私たちのメンタリングリーダーシッププログラムを共有していきたいと思っています。是非ご参加ください。

 

 

理事長からのメッセージ 長谷川惠一

imgs_hasegawa

エール学園はメンタリング教育を始めて10年がたちます。

この間メンタリング教育について、学園内で色々な試みを実施してまいりました。

その結果エール学園そのものの事業も発展し、メンタリング教育のすごさも実感してまいりました。特にメンタリングの素晴らしいところは、支援される人が成長すると共に、自らも成長するところです。エール学園は留学生に対する教育が中心事業ですが、メンタリングの5つの力のうち活力と共に場力を特に大切にしています。留学生教育の一環として地域清掃をカリキュラムの中に入れました。地域が美しくなることによって、地域の方が留学生に有難うという言葉をかけてもらえるようになり、外国人が地域清掃してくださっているのなら我々日本人ももっと地域を美しくしようと地域の清掃も強化されました。まさに共生・共創・共進化の地域が生まれました。近年メンター制度が叫ばれておりますが、その骨格となるメンタリングの実践こそが、皆さんの組織を共進化させることになると考えております。

PAGETOP
Copyright ©  All Rights Reserved.