International Mentorship Graduate School

カリキュラム

  • HOME »
  • カリキュラム

これからグローバル化の時代において、ダイバーシティ経営、人材育成、 女性活躍推進など、私たちはどう効果的に対応していったらいいのか、 経営そして人材育成はどうあるべきなのか

どのような哲学、理論、モデル、態度をもって、経営や人材育成に具体的に取り組んでいったら いいのか。これらの問いに応えるマインドセットとスキル、そして方法論を身につける

メンター制度に魂を吹込む

エグゼクティブメンターコース

対象:人材育成担当者、自立型リーダーを目指す人 定員:20名(最少催行人数8名)

毎月1回 全6回講座 9時30分~17時30分

このコースに参加するメリット

  1. 生きたメンター制度を自らの組織に導入できる人材になれる。
  2. 自らが、メンタリングリーダー(メンター)になり、メンティの成功、成長を支援できるようになる。
  3. 企業経営と人材育成の本質がよく理解でき、この課題に対して実現可能な対策がとれるようになる。
  4. 自分自身生きる意味、働く意味がよく理解できるようになり、自分のミッション(使命) やバリューがより明解になる。
  5. メンバー一人ひとりの長所をフルに活かせるメンタリングリーダーのマインドセットとそれに伴う行動 パターンを身に付け、職場の活性化に貢献できるようになる。
このコースのアプローチは学際的であり、経営学をはじめ、リーダーシップ論、哲学、心理学、ニューキャリア論、コミュニケーション論、脳・神経科学、経済学などを含みます。授業は基本的に理論と演習によって構成され、加えて、統合とメンタリングというセッションがあるのが特長です。 授業で学んだことを実際に働いている職場とリンクさせ、フィードバックし合うことで学びを実践につなげ、より有効なものにします。また学びを一層深めるために、個別指導をベースとしたAcademic Journal という ツールも活用します。

内容としては、
  1. 人材開発、人材育成においてそのベースとなる全人的人間力モデルに基づく メンタリング・リーダー シップ概論と実践
  2. メンタリング・リーダーシップ とDiSCの統合とその活用
  3. “どうすれば社員の活躍を推進できるか”そのマインドとスキルの開発 4.社員の力を発揮させるEQ理論と実践

この講座はNPO法人国際メンターシップ協会のメンター認定講座です。

「協会認定エグゼクティブメンター」の資格を取得することができます。
認定料は有料(¥30,000)となります。

 

エグゼクティブメンターコースプログラム

【2019年4月~2019年9月】

日程 講義名 講師
第1回
2019/4/20(土)
メンタリング 3.0 (生き方3.0,成長支援3.0)マインドフル・SQメンタリング: 理論と実践

メンターを“人生の師”、“支援者”として捉えたメンタリング1.0と現在一般的に企業研修などで行われているメンタリングを2.0とすれば、メンタリング3.0は、メンタリング1.0と2.0をさらにアップデート、アップグレードしたメンタリングである。 授業では、現在世界に広まるマインドフルネス2.0をさらに3.0とレベルをあげ、それをメンタリングに適応させた画期的なメンタリングについて学ぶ。具体的にはメンタリング3.0のグランドデザインとなる人間力モデルを示し、その中心の概念となるメビウス論を掲げ、マインドフルネスとメンタリングを結び、人間としての在り方3.0,生き方働き方3.0,支援の在り方・仕方3.0等を演習しながら体験的に学ぶ。 (このコースはIMGSのエグゼクティブ・メンタープログラムのコアのコースであり、毎期リピートされる。)

yoshikawa_tc

プロフィール
吉川宗男
ハワイ大学名誉教授 哲学博士(Ph.D.)、NPO法人国際メンターシップ協会名誉会長、国際メンターシップグラジュエートスクール学長、多くの多国籍企業や日本企業などのコンサルタント、リーダーシップトレーナー、ファシリテーターとして、国際的に活動を行っている。メンタリングの第一人者。
専門分野:人間学(統合の哲学、出会いの哲学)、異文化コミュニケーション論、メンター学など。独自のメビウス論を中心とする人間力モデルはOSとして機能し、いろいろなアプリを持つ。そのアプリの一つがマインドフル・リーダシップ養成であり、人間力を高めるパワフルなツールとして活用されている。
著書:「出会いを哲学する:人生を豊かにするメビウスの原理、「文化摩擦解消のいとぐち」(共著)など。

第2回
2019/5/25(土)
メンタリングのための行動心理学、DiSC: 原理と実践

DiSCというツールは、物の見方や、考え方とか関わり方など各個人が持つ行動パターンを分析するツールです。このツールは、各個人が持つ行動特性パターンや各々の強み、弱みなどを理解し合うためのツールで、効果的な人間関係やコミュニケーションを促進するために役立つツール。授業前に、各受講生はオンラインで自らの行動パターンのアセスメントを行い、それにより、各人自らのプロフィールが作成される。授業では、受講生はグループワークやロールプレイなどいろいろな演習やアクティヴィティーに積極的に参加し、メンタリングに活かせるマインドとスキルを身につける。

yoshikawa_tc

プロフィール
吉川宗男
ハワイ大学名誉教授 哲学博士(Ph.D.)、NPO法人国際メンターシップ協会名誉会長、国際メンターシップグラジュエートスクール学長、多くの多国籍企業や日本企業などのコンサルタント、リーダーシップトレーナー、ファシリテーターとして、国際的に活動を行っている。メンタリングの第一人者。
専門分野:人間学(統合の哲学、出会いの哲学)、異文化コミュニケーション論、メンター学など。独自のメビウス論を中心とする人間力モデルはOSとして機能し、いろいろなアプリを持つ。そのアプリの一つがマインドフル・リーダシップ養成であり、人間力を高めるパワフルなツールとして活用されている。
著書:「出会いを哲学する:人生を豊かにするメビウスの原理、「文化摩擦解消のいとぐち」(共著)など。

第3回
2019/6/22(土)
メンタリングのためのインプロヴィゼーション

アプライドインプロファシリテーター協会(AIFA)がデザインするワークショップには、
①コミュニケーションスキル ②行動特性心理学 ③インプロヴィゼーション(即興演劇)とを融合させた新しい形のファシリテーションスキルやコミュニケーション能力開発の手法を取り入れている。インプロの原則や哲学は、ツール(ゲーム)などを通じ、コミュニケーションスキルやマネジメント向上、人財開発、瞑想、マインドフルネス向上など世界中で幅広く応用されている。今回の講義の内容としては、
1. メンタリングの基礎となる傾聴の姿勢
2. 自分自身の行動特性を、インプロを通して分析し深める
3. 変容のモデルU理論を学び、プレゼンスを共にする瞬間を実践するを予定。

プロフィール
樋榮 ひかる

教育界のエデュテイナー。アプライドインプロファシリテーター協会(AIFA)代表理事学びeducationと遊びentertainmentをかけ合せた目からウロコのエデュテイメントなプログラムを全国各地で展開中。2007年より慶應義塾大学藤沢湘南キャンパスにて講師を務めるほか、2012年からは大学教員向けの教育力向上にも邁進。2016年より東北芸術工科大学 基盤教育センターの特任准教授に就任、また初年次教育プログラムディレクターとして主体性をひきだすプログラムづくりに邁進中。参加者のココロを瞬時につかむ能力には定評があり、“アイスブレイクの魔法使い”と言われている。
第4回
2019/7/20(土)
メンタリングのためのMVP(Mission・Vision・Value・Pride)開発: 生きがいの創造

自己を知ることは、人が生きがいを持って豊かな人生を送ること(自己実現)のための起点となる。マインドフルネスとして世界的に流行する瞑想法の基である仏教ではその本質は自己を知ることであると説いて来た。近年欧米の最先端研究でも自己認識(セルフアウェアネス)力はビジネスリーダーの最重要素養として新たな常識となりつつある。本講座では自己認識を形成するために、曖昧に捉えられがちな「人間力」を科学的に定義した「全人的人間力」のフレームワークを通じて自己を分析する。「全人的人間力」の五つ力の芯となるSQの主要構成要素である自分自身のMission, Vision, Valuesの明確化を通じて自己を知り、自己形成を図る。授業では演習を交え体験的に自己分析・形成を行う。

プロフィール
鷲見健司

日本再生株式会社 代表取締役。株式会社リーダーシップコンサルィング共同代表。
1993年ファシリテーションを日本に導入したメンバーの一人として、その後四半世紀に渡り世界各国の大小新旧様々な組織において、ハンズオン型事業再生、事業経営、人材育成の専門家として、代表取締役等の経営者、事業責任者、コンサルタント、トレーナー、株主等の立場で経営支援と人材育成を行う。SLII®(Situational Leadership®II)を展開するThe Ken Blanchard Companiesの日本の総代理ブランチャードインターナショナルジャパンを2009年の創始より統括。その後も豊富なマネジメント経験に基づき、世界的上場企業の経営者養成から、管理職マネジメント・リーダーシップ、コーチング、チューター、成長戦略、事業創造、イノベーション、戦略思考、施策立案、経営理念・戦略浸透、営業、顧客サービス向上、ファシリテーション、プレゼンテーション、ダイバーシティ、キャリア開発まで幅広い研修等を通じて企業、公的機関、教育機関において一万余人の人材育成に携わる。
第5回
2019/8/24(土)
メンタリングのためのご機嫌な自分づくり・ご機嫌な職場づくり

組織で成果をあげるためには、関係の質が重要な鍵を握る。コミュニ―ションの質をよりよいものにするためには、自分の感情をいかに整えるかが重要になる。授業では、成果の上がる「ご機嫌な職場」とはどのような職場か、そして、そんな職場をつくるにはどんなことに気をつけるべきかを実践を通じて学び、さらに、その鍵を握る「自分の感情の整え方」をワークを通じて、実際に職場での実践へとつなげる。ワークを通じて、自らのあり方に変容が起こるので、一日の終わりには、いろいろな物事の見方、感じ方が変わっていることを実感出来る授業。


プロフィール
西畑良俊

Office imacoco 代表/NPO法人おひさまとまんさく顧問。早稲田大学法学部卒業後、医療・介護用品メーカーでの営業、NGO活動、離島での島おこし、新聞記者を経て、メンタルコーチ・研修講師として独立。「ご機嫌な職場づくり」と題し、コミュニケーションやマネジメント、メンタルケアを絡めた研修を、全国各地で行っている。2015年7月より、母校早稲田の学生ランナーにメンタル・コーチとしてかかわり、半年間、スランプだった学生が一度のセッションでスランプを脱出したことから、日本テレビ「箱根駅伝~絆の物語」に取り上げられる。現在、実業団選手(駅伝チーム)にも関わっている。学校関係での講演では、先生向けに「子供の心を育てる大人の関わり」と「こころの整え方」を伝えている。「人の可能性は無限」であると 信じ、「その人がその人らしく輝くこと」を大切に、コーチとして、ファシㇼテ―ターとして、現在全国各地で活動中。
第6回
2019/9/28(土)
統合セッション 吉川宗男
この統合セッションはIMGSのキー概念であるメビウス論と五つの人間力に基づくグランドデザインを軸として、プレゼンされた五つの授業を総括するセッションであり、受講生は受けた五つの授業からの学びを、独自のスタイルでまとめ、統合する。それを授業でプレゼンし、講師を始め全員からフィードバックを受け、自らのさらなる学習へとつなげていくとても大切なセッションである。

【2018年10月~2019年3月】

日程 講義名 講師
第1回
2018/10/20(土)
メンタリング 3.0 (生き方3.0,成長支援3.0)マインドフル・SQメンタリング: 理論と実践

メンターを“人生の師”、“支援者”として捉えたメンタリング1.0と現在一般的に企業研修などで行われているメンタリングを2.0とすれば、メンタリング3.0は、メンタリング1.0と2.0をさらにアップデート、アップグレードしたメンタリングである。
授業では、現在世界に広まるマインドフルネス2.0をさらに3.0とレベルをあげ、それをメンタリングに適応させた画期的なメンタリングについて学ぶ。具体的にはメンタリング3.0のグランドデザインとなる人間力モデルを示し、その中心の概念となるメビウス論を掲げ、マインドフルネスとメンタリングを結び、人間としての在り方3.0,生き方働き方3.0,支援の在り方・仕方3.0等を演習しながら体験的に学ぶ。
(このコースはIMGSのエグゼクティブ・メンタープログラムのコアのコースであり、毎期リピートされる。)

yoshikawa_tc

プロフィール
吉川宗男
ハワイ大学名誉教授 哲学博士(Ph.D.)、NPO法人国際メンターシップ協会名誉会長、国際メンターシップグラジュエートスクール学長、多くの多国籍企業や日本企業などのコンサルタント、リーダーシップトレーナー、ファシリテーターとして、国際的に活動を行っている。メンタリングの第一人者。
専門分野:人間学(統合の哲学、出会いの哲学)、異文化コミュニケーション論、メンター学など。独自のメビウス論を中心とする人間力モデルはOSとして機能し、いろいろなアプリを持つ。そのアプリの一つがマインドフル・リーダシップ養成であり、人間力を高めるパワフルなツールとして活用されている。
著書:「出会いを哲学する:人生を豊かにするメビウスの原理、「文化摩擦解消のいとぐち」(共著)など。

 

第2回
2018/11/17(土)
自己を変革するマネジメント:ドラッカーマネジメントの理論と実践

授業では次のようなトピックを通し、自己を変革するマネジメントを学ぶ
・マネジメントを学ぶ重要性 ・効果的なマネジメントの学び方
・リーダーは何を学ぶべきか ・あなたの人生の使命は何か・使命が与えてくれるもの
・ドラッカーの五つの問い  ・仕事は人を育てる最高の道具である
・自らをマネジメントするとは ・あなたの強みはなにか?
・あなたは何をもって憶えられたいか等々の問をトピックに講義がすすめられ、受講生は各種のワークを通し、自分自らをいかにマネジしていくかを学ぶ。講師の人としての人柄が講義に全面的に醸し出され、ドラッカーマネジメントのエッセンスと共に、ドラッカー自身がもつスピリットさえも体験できるような参加型講義であり、エグゼクティブメンタープログラムのコア科目の一つである。

プロフィール
国永秀夫

1962年生まれ。経営コンサルティング歴25年。 生前、ドラッカー教授を毎年訪ね、直接アドバイスを受けるなどして育てられたドラッカー博士の愛弟子の一人とされている貴重な存在。ドラッカー経営哲学、マネジメントの第一人者。現在、ドラッカー教授のeラーニング・コンテンツを土台にした、ダイヤモンド社主催『ドラッカー塾』の専任講師を務め、使命の実現を目的としたマネジメントの実践に向けた講座を展開している。経営者限定の「トップマネジメントコース」を始め、「エグゼクティブコース」、「マネジメント基本コース」の3つのコースがあり、ドラッカーマネジメントを体系的に学び、実践できると参加企業から高い評価を得ている。
第3回
2018/12/8(土)
ソリューション フォーカス~メンタリングのための解決志向アプローチ

ソリューションフォーカスとは、問題にではなく「解決に焦点を絞る」思考法およびコミュニケーション手法です。
私たちは目の前にある問題に対し、それと解決しようと思うほど徹底的に問題の原因を追及したくなります。物、金、システムの問題なら原因分析が有効であることは多いでしょう。
しがし組織の問題や人とのつながりの問題においては、「誰が悪いのかの犯人探し」になりがちです。「あなたが悪い」という否定感のなかで前向きな行動を生み出すというのは実は難しいことなのです。
解決志向のソリューションフォーカスでは、肯定感に身を置きながらソリューションフォーカス(問題がなくなった状態)イメージを描き、「どうすればようか」に焦点を絞ります。
人が動きやすくなる思考をアプローチの方法を体感し、そのマインドとスキルを身に付けます。

プロフィール
李 順葉
エム・クリエイツ代表。人が育つ組織づくりのパートナーとして、メンタリングを専門に人材育成のコンサルティング、研修を行う。2005プグラジュエートスクール(IMGS)1期生として学ぶ。以来吉川学長を支え、IMGSのクラスメンターとしてIMGSの運営と受講生のサポートに携わる。また自身も「成長」と「自立」をテーマに意欲を高めるためのプログラム開発と実践に取り組む。「自分をそして他者を活かすより幸せな人生」をめざしてキャリア開発に取り組める環境を作りたいとの思いを強く持って活動している。
IMGSのクラスメンターとしてIMGSの運営と受講生のサポートに携わる。また自身も「成長」と「自立」をテーマに意欲を高めるためのプログラム開発と実践に取り組む。「自分をそして他社を活かすより幸せな人生」をめざしてキャリア開発に取り組める環境を作りたいとの思いを強く持って活動している。
第4回
2018/1/19(土)
変化の時代に活躍するファシリテーター型リーダー ~対話する組織を実現するために必要なこと~

ダイバーシティ2.0の時代に不可欠な対話する組織
・なぜ対話が重視されるのか  ・対話の理論と技法を学ぶ
・ファシリテーターのスキルとマインドを鍛え方
・多様性を受容するマインドセットとは
・どんな修羅場も乗り切るファシリテーターの6つの流儀とは
・多様性を受容するマインドセットとは
授業はレクチャーと共に小グループに分けてのディスカッションや演習による積極参加型授業

プロフィール
荒金 雅子
都市計画コンサルタント会社、NPO法人理事、会社経営等を経て、株式会社クオリアを設立、代表取締役に就任。長年女性の能力開発、キャリア開発、組織活性化などのコンサルティングを実践。1996年、米国訪問時にダイバーシティのコンセプトと出会い強く影響を受ける。以降一貫して組織のダイバーシティ推進やワークライフバランスの実現に力を注いでいる。近年は組織開発の研究を続け、「学習する組織」、「U理論」「アクションラーニング」「ファシリテーション」「女性のリーダーシップ開発」等に取り組んでいる。
第5回
2019/2/16(土)
「人間観、人生観(人の生き方、在り方)3.0 : 感性論哲学が人間性の進化、成長を支援する」

人間性の進化を実現することを目的に、理性を中核とした近代の人間観を批判し、感性を人間の本質と考える芳村感性論哲学の新しい人間観を提示する。
人間性の進化を、心境の段階的成長として示すことによって、感性論哲学が切り拓いた人類の新しい生き方を具体的に展開させる。感性論哲学の要点は英訳され、世界にも広がり、高く評価されている。
授業は基本的には、講義が中心であるが、一時も集中力を欠かすことが出来ないほど内容は充実していて感動的である。まさに全身全霊で傾聴し、全身で学べる授業である。芳村感性論哲学は実践哲学であり、内容的には如何なる分野でも役立てられる。人間性の進化を強調するIMGSのメンタリング3.0にとり、この芳村先生の感性論哲学は必須科目の一つとなっている。

プロフィール
芳村 思風
昭和17年に奈良県に生まれる。学習院大学文学部哲学科を卒業。学習院大学
大学院博士課程を中退し、「思風庵哲学研究所」を設立。感性論哲学の創始者。感性が生命の本質であり、人間の本質であり、宇宙の究極的実存であるとする、感性を原理とした哲学を世界で初めて体系化し、感性ブームを巻き起こした。昭和45年以来、仕事や人生において、いかに感性が大切であるかを説き続けている。全国に芳村思風を囲む会(思風熟)が結成されている。各地で毎年200回以上の講演を行っている。現在、日本哲学会会員、中部哲学会会員、思風庵哲学研究所所長、名城大学講師、著書に、「感性の哲学」、「人間の格」、「21世紀の日本の使命」、「国家百年の計」、「意志の力、愛の実践」など多数。
第6回
2019/3/16(土)
統合セッション 吉川宗男
この統合セッションはIMGSのキー概念であるメビウス論と五つの人間力に基づくグランドデザインを軸として、プレゼンされた五つの授業を総括するセッションであり、受講生は受けた五つの授業からの学びを、独自のスタイルでまとめ、統合する。それを授業でプレゼンし、講師を始め全員からフィードバックを受け、自らのさらなる学習へとつなげていくとても大切なセッションである。

 

imgs_apply

PAGETOP
Copyright © International Mentorship Graduate School All Rights Reserved.